【仁義なき戦い】Windows VS Mac

windows vs mac

こんにちは、出永です。

今日はパソコンの選び方についてお話しようと思います。
特にOSをどうやって選んだらいいかです。
WindowsとMacの話ですね。

  • これからパソコンを買う方
  • 仕事用のパソコンが欲しい方
  • 使っているパソコンの性能に困っている方

はぜひチェックしてみてください。
必ずピッタリのパソコンが選べますから。

なんだかんだで、僕は独立して10年目です。
独立した時はパソコンなんて全く分かりませんでした。

使えるのはワードとエクセルだけ。
仕事で簡単な資料を作るのに使っていたぐらいでした。

そこからネットビジネスを始めて。
実際に使っていきながら、覚えてきました。

ほぼ毎年買い替えているので、10台は使ってきましたね。
WindowsもMacも。

今となっては完全にパソコンオタクです。
ですからどんな人でもピッタリのものを選ぶことができます。

ということで、早速説明していきますね。

Windows VS Mac

なにわともあれ、まずはOSですね。
OSというのは、シンプルに言うと、
WindowsとMacのどちらにするかということです。

これはどちらでも構いません。
もう好みで選んでOKです。
好きにしたらいいです。

最近のアプリはWindowsもMacも対応しています。
基本的にはどちらを使っていても大丈夫です。

仕事上でも支障はないですね。
お客さんがWindowsを使っていても、
Macで問題はありません。

データのやり取りも、全く問題なくできます。
ですから、本当に好みの問題なんですね。

ちなみに、MacからWindowsに送る時は、
まれにですが、ファイルがうまく開かないことがあります。

それも対処法はありまして。
Windowsに送るために、専用のアプリで圧縮させればOKです。
※この話がよく分からない場合は、スルーでOKです。

ただ、仕事上でどうしてもWindows専用のアプリを使いたい場合は、
Windowsにしておいたほうがいいですね。

滅多に無いことですが、そういうアプリって今でもあります。
さすがにこれからは減っていくと思いますけどね。

ちなみに値段は結構変わります。
MacはWindowsより高いです。
同じ性能レベルで1.5倍ぐらいの値段です。

『なんでここまで差が出るの?』
ってぐらい違います。

予算を抑えたい場合は、絶対にWindowsです。
これは間違いありません。
性能の差が特になく、安い方はWindowsだからです。
見た目を全く気にしなければ、Windowsを選ぶのがベストです。

と言いますか、基本的にWindowsでいいと思います。
Macにするメリットは特にありませんから。

ただ、Macって欲しくなるんですよね。
欲しくなる方は、とことん欲しくなると思います。

予算的にはWindows、
でも格好いいからMacが欲しい。

こういう人が大半だと思います。

どうしてもMacを使いたい。
あのオシャレなパソコンで仕事をしたい
こういう気持ちですよね。

すごく分かります。
僕もそうですから。

なので、Macが欲しいという方はMacにするのがいいと思います。
値段は高いです。
でも欲しくなったものは仕方ありません。

Macにする理由で
『オシャレさ』
ぐらいだと思いますので。

逆に言うと、Windowsで見た目の良いノートパソコンってないです。
僕が見た限りは全くと言っていいほど。

ですから、Macしかないわけです。
これは腹をくくってください。
『高いけどMacを買うぞ』と。

Macを欲しくなっていて、予算でWindowsを選ぶのはやめた方がいいです。
絶対に後悔が残るからです。

『Macにしたら、どんなだっただろう』
という気持ちが必ず湧き上がります。

そして、それが大きくなってくると
結局Macを買い直すことになるんです。

お金のことはどっちでもいいんです。
手元にお金があるなら、買えばいいです。

お金は仕事をすれば入ってきますから。
そのためには、気に入った道具を使うほうがいいです。

もちろんお金がなくて、分割で買うというのなら、話は別です。
それはやめておいたほうがいいかもしれません。
きちんと貯めて買ったほうがいいです。

借金なんてなおさらです。
絶対にやめておいたほうがいいです。

ただ、そういうわけじゃなくて、お金が手元にあるなら。
欲しい物を買えばいいと思います。
MacでもWindowsでもいいです。
好きな方を買ってしまったらOKです。

まとめ

  • Macの見た目が好きで、どうしても欲しいならMac
  • それ以外の人は、Windows

これが一番分かりやすい選び方です。

これからパソコンを買うという方は、この点で決めてくださいね。

では、今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!

出永

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です