【成功確実】ネットビジネス初心者さんが絶対に知っておきたいビジネス3選

人生を変える

こんにちは、出永です。

こんなご時世ですから、ネットビジネスを始めたいという相談を受けるようになりました。

ということで、今日はネットビジネス初心者さんに、解説をします。
これからネットビジネスを始めるという方は、チェックしてみてくださいね。

このメールだけで、一通り分かってもらえるようにします。

ネットワークビジネスではない

まず大前提の話です。

ネットビジネスってネットワークビジネスと勘違いしている方がいるんですよね。
意外と多いです。

この前もネットビジネスの話をしていたら、ネットワークビジネスの相談をされて困ってしまいました。
これ、全く別のものなので、ご注意ください。

ネットビジネスというのは、インターネットを使ってビジネスをすることです。
ただそれだけなのです。

ネットワークビジネスはMLMであったりとかのビジネスを指します。
簡単に言うと全然違うんです。
ということで、ここだけは最初に理解しておいてください。

さすがに分かっている人が多いと思いますが、念の為解説しました。

ちなみに僕もネットビジネスをやっています。
色んな事をやっていますが、全てネットを使ったものなので。

そういう意味で言うと、今はどれもネットビジネスなんですよね。
ネットを使わないビジネスってほとんどありませんし。

ということで、ネットビジネスは今はどれもそうだという事です。
当たり前になってきていますね。

ネットビジネスの種類

ネットビジネスというものについて、分かったと思います。
なんとなく掴んでもらえたらOKです。

では次にネットビジネスにはどのようなものがあるのかを解説します。
大きく分けて3種類あります。

  • 物販系
  • 情報系
  • 代行系

ちなみに、人によって分け方が違います。
僕の場合は、この分け方が分かりやすいので、こちらで解説しますね。

特に正解というのはないので、あまり気にしないでください。

1、物販系

まず始めは物を売るということです。

これは文字通り物を仕入れて売るというものです。
イメージしやすいかもしれません。
ネットビジネスというよりも、昔からある商売ですもんね。

八百屋さん、魚屋さんのようなものです。
それをネットを使って販売するというだけです。

売る場所はメルカリ、ヤフオクなどが最初は簡単でオススメです。
楽天、Amazonで販売することもできます。
自分自身のネットショップを作ってもいいですね。

そうやってインターネット上で自分のお店を持って販売する。

これが物を売るということです。
分かりやすいですよね。

ちなみに販売するものは何でもOKです。
物販というのは価格差があれば良いわけです。

仕入れが1000円であれば、1200円で売れば、200円の利益になります。
仕入れた金額よりも高くで売れればOKということです。

このように利益が出る商品を見つけてくれば良い訳ですね。

ですから、どこから仕入れてきても、どこで販売してもいいんです。
利益が出ればOKなんですよね。

海外から輸入してきてもいいですし、国内の家電量販店で買ってきてもOKです。

とにかく買った金額よりも高くで売れれば良いわけです。
ここだけ抑えておいてくださいね。

2、情報系

ネットビジネスの種類、2つ目は、情報系です。
これはちょっと分かりづらいかもしれません。
説明しますね。

情報系と言うのは、情報を発信し、そこで収入を得るという方法です。
自分が持っている情報を発信することで、それに興味がある人に集まってもらい、商品を販売するという形です。

そしてこれは2つに分かれます。

それが

  • 商品を紹介する
  • 商品を販売する

この2つです。

商品を紹介するというのは、アフィリエイトという方法です。
聞いたことがある方が多いかもしれません。

そうです、例のアフィリエイトです。

アフィリエイト

アフィリエイトというのは、商品を紹介して、その紹介料が収入となるビジネスです。
テレビに出ていた方もいたので、知っていますかね。

ちょっと変なイメージを持っている人もいると思いますが、すごく真っ当なビジネスです。

例えば、あなたがWEBデザイナーをしているとして、すごく勉強になる本があるとします。
それさえ読めば、WEBデザインがすごく上達する本です。

それを友達に紹介しました。
その友達に『WEBデザイナーになる方法を教えて』と相談されたからです。

商品代金は3000円でした。
そして紹介料として1000円を出版社から受け取りました。

これがアフィリエイトというものです。
純粋な紹介料として、報酬をもらうビジネスです。
すごくまともですよね。

そうです、昔からある紹介ビジネスです。

例えば賃貸の不動産会社がありますね。
あれもやっていることはアフィリエイトと同じです。

物件を紹介して、実際に成約したら、仲介手数料をもらう。
家賃の一ヶ月分という所が多いですよね。
それがアフィリエイト報酬(紹介料)です。

これをインターネット上でやるとアフィリエイトになるということですね。
ブログやSNSを使って、商品を紹介していきます。

なんとなくイメージできましたか?
雰囲気だけつかんでもらえたらOKです。

情報販売

情報系の2つ目が、情報販売です。
アフィリエイトというのは、紹介することでお礼がもらえるものでした。

情報販売というのは、自分自身で情報を販売するという方法です。

例えば、あなたが整体師をやっているとします。
独自の治療法の解説動画を作って、1000円で販売します。
購入した方は、その動画をダウンロードします。

これが情報を販売するということです。
DVD販売でもいいのですが、今はダウンロード販売が多いですね。
自分が持っている情報を販売するということです。

物販と違うのは、仕入れがないということ。
ですから利益率は100%になります。

物販の場合は、どうしても仕入れが必要になります。
知り合いからもらうということもあるかもしれませんんが、継続的ではないですよね。
ビジネスとして、続けていくためには、仕入れが必要になってきます。

一方、情報販売は、仕入れが不要です。
自分が持っている知識をまとめるだけだからですね。

もちろん動画を撮影する時に、誰かに手伝ってもらったら、報酬が必要になります。
ただ、それ以外はお金がかかりませんよね。

だから売上が上がれば上がるほど、利益が増えます。
すごくよいビジネスなんです。

ですから、情報を売るというのは、ぜひ覚えておいてください。
もしすでに売る情報がある人は、すぐに取り組んでみるといいです。

1つでも売れたら、そのまま利益になりますから。
しかも仕入れがないので、収入になります。

もちろん、今は思いつかないという人がほとんどだと思います。
それはもちろんOKです。

こういう方法があるということだけ、覚えておいてくださいね。

ということで、以上2つが情報系のネットビジネスです。
情報を紹介するのがアフィリエイト、情報を販売するのが情報販売です。

どちらも最終的には取り入れていくものなので、覚えておいてくださいね。

3、代行系

最後のネットビジネスが代行系です。
これはあまり説明していない人が多いかもしれません。

ただ、僕はあえて説明するようにしています。

というのも、人によってはすごくオススメだからです。
詳しく説明しますね。

代行系というのは、作業を代わりにするということです。
作業は色々あります。

  • データを入力する
  • 音声の文字起こしをする
  • ブログ記事を書く
  • ホームページのデザインをする
  • プログラムを作る

このように、本当に色んな仕事があります。
どれも実際にある仕事です。

まず最初にクラウドワークスというサイトをチェックしてみてください。
ここは、代行してくれる人を探す仕事募集サイトです。

少し見ると分かると思います。
とにかくたくさんの仕事がありますよね。

この中で、自分ができそうなことをやっていくんです。
これが代行系のネットビジネスです。

ちなみに、誰でも出来るような仕事は単価が安いです。
簡単なものは仕方ないですね。

その代わり、簡単なので、仕事のプレッシャーは低いです。
まずはそういう仕事からやっていくのがおすすめです。

もし文章を書くのが得意なら、ブログ記事を書く仕事がおすすめです。
ライターの仕事ですね。

もしスキルがあるなら、かなり有利です。

WEBデザインが出来るなら、デザイン制作やバナー制作の仕事。
プログラマーなら、プログラミングやカスタマイズの仕事など。

自分のスキルを使って、仕事をゲットしていけば、かなりの収入になります。

ちなみに僕も、WEBデザイナーになりたての頃は、このようなサイトで仕事をもらっていました。
とにかく実績を作るために、何でもやっていましたね。

ホームページを1万円で作るとか。笑
文字通り何でもやっていました。

すでにスキルがある人は、ある程度単価が高いものを狙っていくといいです。
単価は人によって全然違うので、条件にあったものだけ応募することができます。

すでにスキルがある人は、自分のスキルを活かしていく方がいいですね。
新しくネットビジネスを始めるよりも、圧倒的に早く収入が得られます。

特にWEBデザイナーさんやプログラマーさんは、すぐに生活できるレベルになれます。
下手に物販系や情報系のビジネスをやらない方がいいですね。

まずは自分のスキルを活かしていくというのを、覚えておいてください。

もし何のスキルもないという場合は、ライター系がオススメです。

最初は1000文字1000円というような、安い案件になります。
なかなかきついかもしれませんが、少しづつ単価を上げていけます。

実績ができてくれば、1記事で10000円など、高単価の仕事を受けられるようになります。
結果的には高収入になってくるんですね。

ですので、何のスキルもないけど、文章を書くのは好きという場合は、ライター系がおすすめです。

月収100万円ぐらいを目標とする場合は、代行系の仕事がすごくおすすめです。
スキルがあれば、一番早く達成できます。

3ヶ月もあれば、十分いけますからオススメです。

実は僕自身も、初めて100万円を達成したのが、WEBデザイナーになってからでした。
ある程度単価の高い仕事を受注できるようになれば、すぐに月収100万円は達成できます。

そのあたりを目指す人は覚えておいてくださいね。

初心者にオススメなのは?

ここまではネットビジネスの種類を説明しました。

たくさん種類があるので、
『何からやったら良いかわからない』
という方が多いと思います。

そこで条件別に最適なものを紹介しますね。

僕自身はここまで紹介したすべてのビジネスを経験しています。
ですので、僕の経験からお伝えします。

スキルがある人は代行系

WEBデザイナーであったり、プログラマーなど、スキルがある人は、代行系がオススメです。
持っているスキルを活かしたほうが、収入につながりやすいからです。

先ほどもお伝えしましたが、月収100万円はすぐにいけます。
3ヶ月もあれば、十分可能です。

スキルがなくイチから始めるよりも、圧倒的に有利なんですね。

ということで、スキルがある方は、そのスキルを使って収入を得てください。

ちなみに、勉強しながらスキルを付けていくというのも良いです。

WEBデザインを勉強しながら、できる仕事を受けていく。
このように進めていくのも良いです。

なんだかんだで、スキルがあれば、継続的な収入を得やすいです。
スキルというのが参入障壁になるからですね。

その場合は、WEBデザインかプログラミングを勉強するのが良いです。
意外と難しくないので、短期間で仕事を受けられるレベルになります。

独学でも十分可能です。
僕自身も独学で覚えました。

未経験で独学でいきなり独立したパターンです。
珍しいですよね。

でも十分可能です。
安心してくださいね。

とにかく、僕がオススメするのはスキル系です。
やっぱり技術があるというのは、強いです。

全くゼロからなら物販系

特別なスキルを持っていないし、あまりデザインなど興味ないという場合は、物販系がオススメです。

物を売るというのは、すごく簡単なんです。
というのも、物自体に価値があるからです。

例えばiphone。
最新のモデルであれば、中古で10万円前後で取引されています。

状態によって多少の前後はあったとしても、1万円で売れるということはないです。
誰が販売しても10万円前後で売れるんです。

これはiphoneという商品自体に価値があるからですね。
誰が販売しているかは、関係ありません。

だからこそ、物販は全くの初心者でも取り組みやすいビジネスです。
あまり技術が必要ないんですね。

もちろん商品の見せ方も大切ですから、スキルが必要ないという事ではありません。
ただスキルがなくても、取り組めるビジネスであります。

最初は何から始めるか

とは言え、何から始めたら良いか分からないと思います。
まずはメルカリで販売するのがオススメです。

自分自身の不用品をメルカリで出品してみる。
そうすると、すぐに売れるというのが、実感できます。
その日に売れるというのも、あります。

それでまずは収入を得てください。
そしてその資金を使って、商品を仕入れていきましょう。

友達から商品を買い取るというのが良いですね。
親戚や知り合いなど、周りの人の不用品をもらったり買い取っていきましょう。

そしてそれをメルカリで販売します。
そうすると買い取った場合の金額との差額が利益になります。
こうやって少しづつお金を増やしていきましょう。

これを続けていけば、すぐに月収10万円ほどは達成できます。

販売する情報があるなら情報販売

最後は販売する情報がある場合です。

その場合は、情報販売がオススメです。

  • 難関大学に合格した方法
  • TOEICで高得点を得る方法
  • 国家試験に合格した方法
  • 腰痛を自分で治す方法
  • マラソンで5時間を切るための練習法

などなど、どんな内容でもOKです。
自分が自信を持ってお伝えできるものなら大丈夫です。

イメージとしては書籍です。
本のような形で専門的なノウハウをまとめて販売する。

これがまずは取り掛かりやすいと思います。

販売する場所はnote(ノート)がいいです。
このnoteという場所は、自分で決めた金額で記事を販売できます。

記事が書籍のようなものですね。
最初は1000円とか、買いやすい値段で販売してみると良いです。

ただ、ちょっとイメージしづらいと思います。
まず最初は実際に自分で買ってみるのがオススメです。

自分がお客さんになってみて、どのように買うのかをチェックしてみる。
これが一番早いです。

有料noteというのは、本当にたくさん販売されています。
低価格で気になるものを是非買ってみてくださいね。

うまくいく人いかない人

ということで、ネットビジネスをこれから始める方のために、何から始めたら良いかをお伝えしました。

たくさんありますが、ベストな方法を選んでもらえたら嬉しいです。

色々お伝えしましたが、結局は何をやってもOKです。
物を売っても、情報を売っても、代行しても。

自分がやりたいことをやってみてください。

本当に大切なのは、
とにかく何か始めること。

これが本当に一番大切です。

うまくいく人といかない人の違いは、たった一つです。

それは
やるか、やらないか
ということだけ。

うまくいく人は『とりあえずやってみるか』という感じで、とにかく始めてみます。

うまくいかないかもしれませんが、とにかくやってみるんです。
すごくフットワークが軽いんですね。

ですから、結果が出るのが早いです。

一方、うまくいかない人は何もやりません。
何もやらないから、当然結果が出ません。

でも情報収集はするので、知識が増えていきます。
使わない無駄な知識だけが増えていってしまうんです。

知識が増えると、もっと行動しづらくなります。
迷いが出てきてしまうからですね。

Aという方法しか知らなければ、Aをやるかやらないかという選択肢だけです。
でもA、B、Cという3つの方法を知っていたら、もっと選択肢が増えます。
だからこそ悩みが増えてしまうんです。

悩むから選択しづらくなって、さらに行動できなくなる。
悪循環に陥ってしまうんです。

このようになってしまったら、本当に大変です。
僕自身もこんな状況でしたから、よく分かります。
知識だけ増えるって、ろくなことはないです。

ですから、まずは何かやってみてください。
大失敗しなければ大丈夫です。

むしろ、大失敗というのはほとんどありません。
いきなりすごく高い商品を仕入れるとかしなければ、大丈夫です。

まずは出来る範囲ですごく簡単なことから、始めてみてくださいね。
それがこれからの人生を変える一歩になりますから。

まとめ

ということで、今回はネットビジネスをこれから始めるという初心者さんに、ビジネスの種類を解説させてもらいました。

これを参考にして、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

では今回はここまでです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

出永

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

いでなが ひろき
成果実証済みネット集客請負人。 自分自身のネットショップ運営・ホームページ集客経験を元に集客・売上アップのコンサルティングをしています。現在32社のコンサルティング中。日々新しいクライアントに、ご依頼を頂いています。 徹底した数値管理をし、改善をしていきます。